「バカ野郎!!!」

 

いつもは穏やかな上司の怒鳴り声に

私は凍りついたように立ち尽くす。

 

んにちは!コピーライターのきな子です。

突然「バカ野郎!!!」で始まってごめんなさい!

 

今日は思わず読んでしまう文章を書くコツということで

最初に例をあげてしまいました。

ちなみに私は上司に怒鳴られていないのでご安心を

これは作り話です(笑)

 

 

ところで、

あなたが一生懸命書いたブログ記事

一瞬で閉じられたとしたら…どうですか?

 

悲し過ぎますよね(涙

 

では、ブログ記事を一瞬で閉じられないようにするためには

どうすればいいでしょう?

 

察しのいいあなたはもうお気づきですね?

 

そうなんです。

記事の出だしを会話形式で始めることなんです。

 

 

「バカ野郎!!!」

 

 

でいきなり始まっていたら

え?何がバカ野郎なの??って

ちょっと気になって読み進めちゃいますよね!

 

そうやって出だしにインパクトを与える事で

読者の心をつかむ事ができてしまうんです。

 

例えば冒頭の文章をこんな風にしてみると…↓

 

==================================
いつも穏やかな上司が私を怒鳴った。

バカ野郎と言われて私は凍りついたように立ち尽くした。
==================================

 

どうでしょう?

 

同じ事を書いていますが、全然違った印象を受けますよね。

 

ちなみに、過去に起こったことを現在形で書くのも

臨場感を出すテクニックの1つなんです。

 

ちょっとしたコツを掴むだけで

あなたのブログ記事がどんどん魅力的になるので

ぜひ「会話形式で記事を書き始める」コツを取り入れて下さいね!

 

それでは、今日も最後まで読んでいただいて

本当にありがとうございます!

 

この記事を読んで、いいね!と思ってもらえたら
ぜひこのサイトをブックマークしてしてもらえたら嬉しいです!

 

また、「Googleアドセンス取得」に興味をお持ちで
まず、どうすればいい?と悩んでいる方も
お悩み相談にのりますよ(^^)

 

きな子へメールする←ご相談メールしたい方はクリックしてください。

 

 

次回からは「あなたはセールスは好き?」営業に関するお話しです。

え?コピーライターって営業職なの?

はい、はっきり言ってしまえばそうなります。

それでは、次回!